スポンサーサイト

  • 2019.07.03 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    窓遮熱

    • 2015.09.03 Thursday
    • 12:16
     先週の土曜日に、窓へ塗装する遮熱塗料の講習に

    行ってきました。 もしかしたら、ホームページに

    今日中に更新できるかもしれません。

     この度の材料は、関西ペイントのアレスクール

    プラスウィンドウという材料を施工する場合になります。

     その他メーカーでも、窓遮熱はあるようですが、

    施工方法や、機能性の違いはあるかもしれません。

     窓への遮熱塗料(アレスクールプラスウィンドウ)を

    塗布すると、実質体感温度は、1℃〜2℃くらい違う

    との事です。 また、紫外線による日差しも緩和される

    という事です。耐久性が10年以上との事です。

     そして、この施工は外から施工できるので、室内に

    入る必要性が無いのも、良い点だと言えます。

     と、まぁ、こういう材料を施工した場合のページを

    当店トップページから、入れるように、今から作成

    します。それと、色々忙しかったので、新ホームページ

    作成は進んでいませんが、完成するまでは、既存の

    ホームページで普通に更新していきます。

     

    マグネット塗料

    • 2014.08.18 Monday
    • 15:28
      私は知らなかったんだけど、この前の新築住宅紹介番組を

    見てて知ったんですが、マグネット塗料というものがあるんですね。

     つまり塗った部分が、冷蔵庫に磁石をくっつけれるような感じと

    同じように、磁力を持つ壁となるようです。これもかなり前からあった

    みたいですが、私は知らんかったです。外壁に塗る材料ではないので、

    あまり需要はないかもしれませんが、そういうものがあるんだという

    情報でした。

     話は変わりますが、盆は初日からいきなり飲みの予定が入って、

    高校のメンバーと呉で飲んだんですが、どうも私はスイッチが外れて、

    超ハイテンションでした。さすがに次の日、昼まで頭が痛かった

    です。まわりの人はうざかったかも・・・・(笑)まあ、久しぶりに

    楽しいと思える日になりました。

     2次会はカラオケに行き、GLAYのバラード歌ったが、結構キーは 

    普通にいける感じで、問題ではなかったです。もっと高いかと

    思いました。そして今、私がハマってるNOGODの曲も歌ってみたが、

    高すぎて、調子良くても流石に無理でした。高音なんて、

    リン・ユーチュン並みの高さのボーカルだから、私に歌えるわけがなく、

    無謀でした(笑)NOGODの団長(ボーカル)恐るべしです。


     冗談はこれくらいにして、当店は現在、広で施工している現場が

    あり、本日終わる予定です。そして、明日からは再び音戸で、

    施工開始です!!

    モルタル外壁の塗り替えページ

    • 2014.05.29 Thursday
    • 12:02
     モルタル外壁の塗り替えについて解説している

    ページの文章を、昨日・今日にかけて、もっと読みやすく

    分かりやすく、修正しました。

     このページは、私がホームページ作成時に、こんな

    ページが必要だろうと、一番最初にがむしゃらに

    作ってできたページだったので、偏った表現が

    多かったし、高圧洗浄について語っていても、

    まだ説明すらしていない、塗装仕上げの話を

    混ぜてたりと、めちゃくちゃ私から目線で

    書いていたなと、反省し修正しました。

     前よりも、分かりやすく、よく詳しくなっていると

    自信を持っています。

     昔よりも、広い視野で語れてるんじゃないかな〜と

    思います。たぶん、私も昔よりも、大人になったん

    じゃないでしょうか(笑)

     それにしても、毎度カープの話題を出して申し訳ないが

    昨日は絶対勝ったと思ってたのに、結果負けてたんですね。

    カープだけではなく、セリーグは本当に弱いな〜と思って

    しまう結果ばっかでした。 残念〜〜〜!!

     

    昨日は・・・

    • 2014.05.28 Wednesday
    • 09:50
     昨日は、1年ぶりに去年この時期に完了した現場の

    お施主様に会ってきました。

     写真撮れば良かったんですが、去年この現場は、

    当店が施工する前の塗装店が、単層弾性を壁に

    厚付け、え〜、つまりマスチックローラーして、

    プクプクに膨れ上がっていた現場でした。

    試しに剥離剤で剥いだら、サイディングごと溶けて

    しまうし、サンダーですれば、下地がガタガタにも

    なるし・・・という事で、

    一回は、「どうしようもありません」と施工をお断り

    したんですが、塗装でお願いしたいというお施主様の

    希望に沿って、できる限り最善の方法を取るという

    形でご依頼頂いた現場でした。

     昨日が約1年後でしたが、全く何にもなっていません

    でした。弾性膜をサンダーで剥がし取り、その上に

    超強力なコンクリートプライマー→カチオンセメント

    →その上にエポキシシーラー2回塗り→微弾性フィラーを

    マスチックローラー仕上げ→トップは弱溶剤シリコン

    という施工をしたんですが、去年と変わらず、いい感じ

    です。この仕様は、現場でメーカーと話をして、あーでも

    こーでもないと決めた仕様なんで、最後はなぜ水性ではなく

    弱溶剤を勧められたのかは、成分的な事なんでよく

    分かりませんが、とりあえず良かったと一安心しました。

     微弾性の場合は、たとえ膨れても、プクプクに

    あっちこっちで膨れ上がるような、膨れ方はしないと

    思うので、変な弾性、とくに単層の弾性などよりは、

    危険性もかなり低いと思っています。たぶん、

    微弾性で膨れたとしても、もっこりと部分的に膨れ上がる

    ような感じですので、もし何かあっても、これなら

    修繕も可能であります。微弾性は3年くらいでカチカチに

    なるから、それを超えればたぶん、その後も膨れる

    心配はないだろうと、思っていますので、あと2年

    安心はできませんけどね(^_^;)

     

    今日は・・・

    • 2014.04.27 Sunday
    • 15:26
     今日は日曜なんで本来は休みなのですが、

    当店の家の目の前の家の瓦棒をケレンと

    錆び止め塗りしています。

     坂でも足場を組んでますので、明日水洗いを

    して、ゴールデンウィークに入ります。

     中途半端に進めても、養生を行って

    窓を閉め切ってしまう部分があったり、

    ごちゃごちゃするので、やむをえず、

    水洗いまでにさせて頂きます。

     施工ブログの方も更新しました。

     結構、写真使ってるんで、疲れました。

     もっと更新が楽なブログもあると

    思うんですが、そのうち切り替えるかも・・・

    点検は大事だな

    • 2013.09.10 Tuesday
    • 22:05

     当店は、一軒家を施工させて頂くと、点検で経過後を

    見させて頂いています。 3年目が私から伺うのは最後

    ではあるのですが、外壁はほとんど変化はないのですが、

    やはり外部階段とかを塗装した場合は、3年もすれば

    変化があったりします。


     通常外壁や屋根はともかく、木部や鉄部は外壁などと

    同じ材料を塗っても、条件が厳しいのでそんなに長く持ちません。


     だから、3年後の経過を見た中で思うのは、外部階段や

    鉄を多く使用している部分を塗装する場合は、材料費が

    上がっても、橋脚用などの高価な材料を塗った方が良い

    と思いました。とくに雨ざらしの鉄部ほど、塗装屋泣かせな

    厳しい条件はないです。ほんと点検で、勉強になります。

     
     

     最近は、橋脚用の塗料で鉄の多い建物を塗装している現場

    もあるので、今後はその3年後の経過なども見ていきたいと

    思ってます。


    塗装工事っていくらくらいかかるものなの?

    • 2013.04.26 Friday
    • 17:34

     

     今日は、塗装工事の価格について、電話で対応させて

    頂いてた方がいらしたので、ちょっと参考程度に

    ご説明させて頂きます。ご覧頂けてると、うれしいけど・・・

     

     簡単に言います。塗装工事を、建物の坪数だけで、どのくらい

    かかるか?というのは、かなり無理があります。

     なぜなら、坪数と、壁の面積は建物により、大幅に違う事

    だってあるからであります。もし、坪数だけ把握し、それなら

    ○○です。と答える業者がいるなら、それは危険だと当店なら思います。

    正確な見積は、必ず壁の嵜瑤鯊って行うものです。



     次に、どんな壁の建物か?の把握も重要です。例えば、

     モルタル壁の建物? サイディング壁の建物?コンクリート壁の建物?

     サイディング壁でもシーリングの打ち替えを必要としない建物?
     

     そして、それらの現在の壁の状況が分からない事には、塗装方法も
     

    全然変わってきます。ましてや、壁がボロボロの家だと、下地処理にかかる

    費用に差もでてきます。


     
     次に、どんな仕上がりを求めているか?も重要です。

     色を塗るだけの3回塗り(最低必要回数)で済ますだけでいいのか?

    それとも下地調整材を下塗りで必要とするのか?仕上げとなる塗料は

    どのレベルのものを使用するのか?艶のある塗料ではなく、

    石(セラミック系)を吹き付けたような仕上がりにするのか?

     施工方法は何通りもありますし、安く仕上げようと思えば、

    できなくはないし、手間がかかる仕上げにすれば、価格も

    大きく違ってきます。

     
     

     そして、さらに、外壁以外に塗装する部位は、どのくらいあるのか?

     
     雨樋や、庇の鉄板部、木部、水切り、雨戸など、は基本塗ります。それらが

    どのくらいあるのか?も塗装工事では重要です。

     また、もっと細かい事を言えば、そういう個所は、すべて刷毛で塗るのか?

    ローラーで塗るのか?でも違ってきます。外壁以外は、すべて刷毛で塗る

    という、こだわりの業者も世の中にはいますが、逆に最近では、スピード重視で、

    何でもローラーで塗装する業者もいます。


     それと建物の立地条件や、足場について、などなど・・・

     これらの条件は、最低限必要になります。

     一見めんどくさそうと思えてしまいますが、専門の塗装業者なら、

    現場を見させて頂くだけで、大体把握はでき、「○○な施工で、どのくらいの価格は

    かかると思います」くらいの簡単な話はできると思います。

     だから、気になったら、まずは気軽に見てもらう事は、

    ほとんどの業者で、無料だと思いますので、ご遠慮は不要です。



     現在はご自分で、インターネットでいろいろ調べられてる方も、

    多いですが、間違った知識や、お客様に分かりやすくする為、全く

    具体性がなく、実際はいくらでもどうとでもなる事しか書いていない

    と思えるような物も多いので、正直インターネットも良し悪しだと

    最近は思います。

     また、見積や相談される際も、「餅は餅屋」というように、

    出来る限り、専門職の直接の塗装業者に聞いてみるのに限ります。

    PR

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM